伝統芸能

キモオタのミーム的なモノをぼくは、「伝統芸能」と呼んでいる。
時代は変われどもサブカルチャーは伝播していく。
新しい伝統芸能創発され、次の世代に受け継がれていくのだ。